SoftBank・docomo携帯で通話料削減「INS・CONECT」


 

インスコネクト

INS CONECT(インス・コネクト)はE:CONECTのISDN(INS)回線版です。
主装置・PBXのINS64 U点回線トランクに直接接続し、ビジネスホンからINS CONECTに接続された携帯電話を経由しての発信が可能になります。
また、INS CONECTに接続された携帯電話経由でビジネスホンへの着信も可能です。
接続できる携帯電話はソフトバンク3G携帯電話NTT DoCoMo FOMA携帯電話で最大2台の接続が可能です。(一部適合しない機種があります)

携帯電話の料金プランにより定額通話が可能になります。(ソフトバンク ホワイトプラン・Wホワイトプランで契約した場合でソフトバンク携帯電話同士の通話に限る。一部時間帯を除く)
定額プラン以外のプランでも、固定電話から携帯電話へ発信するよりも料金が格段にお得になります。

動作イメージ


インスコネクトの動作イメージ

  • 【電話機からの発信】

    主装置の局線ボタン1にB1、局線ボタン2にB2を割り当て、発信チャネル指定とした場合、INS CONECTはそのまま指定チャネルを使用します。
    また、発信チャネル指定をなしに設定した場合には、INS CONECTは優先的にB2チャネルを使用します。
    携帯電話が2台接続されている場合は、優先的に携帯1を選択します。携帯1のみまたは、携帯2のみが接続されている場合にあっては、該当携帯を選択します。
    (B1・B2回線を選択して発信することはできません)


  • 【携帯電話からの着信】

    主装置に対してはB2が優先的に使用されます。従って、着信経路としては携帯2→B2、携帯1→B2となります。ただし、B2が使用中の場合は、B1が選択されることになります。


※拠点間での利用は推奨しておりません。拠点間通話でのご利用を考えられている方は、デモ機の貸出を行っていますので、弊社までご連絡下さい。
※携帯電話の機構上、DTMF(トーン信号)が通らない事があります。トーン信号を利用するサービスでの動作はできかねます。

特徴


  • ★主装置またはPBXのINS64 U点回線トランクに直接接続することが可能
  • ★定額プランまたはビジネスプラン利用で携帯電話への通話料金がお得
  • ★携帯電話2台を接続可能
  • ★ソフトバンクの3G携帯電話またはNTT DoCoMoのFOMA端末に対応
  • ★3G・FOMA端末だから音質も断然クリアー
  • ★携帯電話への充電をサポート

製品概要


  • ■品番:LH-150
  • ■端末側収容回線:U点 1回線
  • ■携帯側収容回線:3G/FOMA USB制御インタフェース:2回線
  • ■回線インタフェース仕様:TTC標準 JT-G961準拠、JT-Q921、JT-Q931
  • ■回線インタフェース構造:2B+d/(B:64kbps、D:16kbps)
  • ■伝送速度:320kbps(U点)
  • ■インタフェース形態:P-P、P-MP 自動識別
  • ■接続方式:RJ-11モジュラープラグ (U点)
  • ■端末直流ループ抵抗:最大810Ω 起動種別呼毎、常時端末に対応
  • ■本体表示:電源LED、動作状態LED
  • ■適合携帯電話:3G、FOMA携帯電話(一部機種を除く)
  • ■携帯電話充電:5.4V/600mA定電流(携帯1台につき)
  • ■電源アダプタ:入力AC100V(50Hz/60Hz)±10V
  • ■出力:DC12V/2.0A
  • ■本体寸法:約200×230×45(奥行×幅×高さ)(mm)
  • ■本体重量:約1400g


インスコネクトの適合機種はコチラ

戻る