Home回線切替器TELBOSE TAKE5(テルボーズ・テイクファイブ)

 


回線切替器接続イメージテルボーズテイクファイブ
TELBOSE TAKE5(テルボーズ・テイクファイブ)は、1回線で5端末の接続が可能で、相互にTELBOSE TAKE5が設置されていれば、5端末の自動切替えが可能な回線切替器です。もちろん電話+FAX+発信専用データ端末の切替え及び単独での使用など、様々なケースに対応した使用が可能です。

機能


  • ★自動ベルモード

    電話の場合、電話のベルを鳴らし、FAXの場合(CNG信号・NCNG信号の検知にて)FAXへ自動的に切替えます。また、データ端末の場合、テイク5が相互にあれば、自動的に切替わります。

  • ★リモートモード (電話優先モード)

    着信すると自動切替を行わずに、直接電話機を呼び出します。
    応答後、電話機からのダイヤル操作でFAX・モデム端子へ手動転送します。

  • ★FAXモード (FAX優先モード)

    電話・FAX・モデムのすべての着信に対して直接FAXを呼び出します。


  • ※ボイスワープには対応しておりません。

  •  

    回線切替器機能比較



    特徴


    • ★1回線に電話機・FAX・モデムが接続可能です。
    • ★電話とFAXの自動切替ができます。
    • ★送信側、受信側双方に TELBOSE TAKE5 を取り付けて設定することにより、送信側モデムから受信側モデムへ自動切替することも可能です。
    • ★TAのアナログポートへ接続してのご使用が可能です。(※)
    • ★ナンバーディスプレイ契約回線でのご使用が可能です。(※)

    (※)ご使用になるTAやナンバーディスプレイ対応電話機の一部では正常に動作しない場合があります。
    また、ADSL使用時、スプリッタの性能により多少のノイズが電話機に入ることがあります。
    FAX本体がND対応であっても、FAX本体に番号を表示させることはできません。

よくあるお問い合わせ


  • Q: 光回線での使用が可能ですか?
  • A: NTTの光回線であれば、ご使用頂けます。その他の光回線についてはお問い合わせください。

製品概要


  • ■品番:L-105-H
  • ■収容回線数:1回線
  • ■接続端末数:5端末
  • ■回線接続方式:通信コネクタ
  • ■配線方法:2線スター
  • ■電源:DC15V 400mA(センターマイナス)
  • ■消費電力:4VA
  • ■温度:5℃~45℃(結露なきこと)
  • ■湿度:20%~80%RH
  • ■本体寸法:40mm×170mm×220mm (高さ×幅×奥行)
  • ■本体重量:約440g

  • ※2線式の電話回線に使用することができます。4線式等の電話回線には接続できません。
  • ※PBX、ボタン電話の内線に接続する場合、電気的仕様がNTTと同じかどうかを確認してください。仕様がNTTと異なりますと機能が正常に動作しないことがあります。
  • ※仮着信方式を採用しておりますが、自動ベルモードでお使いの場合、先方は呼び出し中も課金されます。
  • ※ナンバーディスプレイ回線でのご使用時には、FAX着信時でもナンバー情報を電話機へ送るために電話機が数回鳴動します。
  • ※キャッチホンは接続できません。
  • ※ピンク電話(硬貨収納信号送出サービス加入)回線に 本装置の接続はできません。(販売店にお問い合わせください)
  • ※ナンバーディスプレイサービス回線にも接続できますが、ナンバーディスプレイ対応電話機が必要です。
  • ※接続されるナンバーディスプレイ対応電話機によっては本装置、電話機などが正常に動作しない場合があります。(環境によりFAX受信の際も電話機が数回鳴動することがあります。)
  • ※FAX本体がナンバーディスプレイ対応であっても、FAX本体に番号を表示させることはできません。
  • ※接続される電話回線またはTAによっては、正常に動作しない場合があります。
  • ※留守番電話機は接続できますが、機種によっては正常に動作しない場合があります。
  • ※Fネット1300Hz無鳴動サービスには使用できません。

戻る